株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

月次売上高情報

2019年6月度

(前年同月比 単位:%)

2019年6月期 2020年6月期
(株)ドン・キホーテ ユニー(株)
6月 通期累計 6月 通期累計
全店 売上高 104.1 105.0 94.2 95.7
店舗数 322店 322店 176店 176店
既存店 売上高 100.9 101.2 101.1 100.7
客数 101.0 100.3 99.8 99.8
客単価 99.9 100.9 101.3 101.0
対象
店舗数
297店 297店 169店 169店

(株)ドン・キホーテ

  1. 当月をもって2019年6月期決算期を迎えましたが、当期中における新規出店は20店(グループ全体26店)の一方で、閉店11店(同20店)を実施したことから、期末店舗数は322店となりました。
    なお、グループ全体の期末店舗数は、2019年1月4日にユニー㈱及びその子会社を連結グループ化したことにより、693店となりました。
  2. 当月は、梅雨前線が停滞したことから曇天の日が続き、大雨となる地域もありました。週末ごとに雨天になるなど、月を通して気温が上がらない日が多くなりました。
  3. 国内消費は、気温が上がらなかったことで夏物商品は軟調となりましたが、食品を中心とした生活必需品が牽引しました。
    インバウンド消費は、ASEANからの来店客数及び売上増が貢献したことから、好調となりました。なお、売上高構成比は5ヵ月間連続して10%超えを続けております。
  4. 商品部門別の販売動向については、「家電製品」部門は、ヘッドフォンが伸長した他、POSAカードが貢献しました。
    「日用雑貨品」部門は、洗剤やヘアケア用品などの日用消耗品の支持率が高まったことに加えて、活況なインバウンド消費によって医薬品が好調となりました。
    「食品」部門は、チョコレートなどの菓子類や調味料などの加工食品が高い売上高成長率を記録しました。卵や豆腐及び練物などが2ケタ増となって日配品が伸長しました。
    「時計・ファッション用品」部門は、スポーツ衣料及びビニール傘やレインコートなどの雨具が貢献しました。
    「スポーツ・レジャー用品」部門は、アウトドア用品は苦戦した反面、キャラクター玩具が堅調となりました。
  5. 7月度における新規出店はありません。
    グループ会社の㈱パン・パシフィック・リテールマネジメント(香港)は、12日(金)に「DON DON DONKI ミラプレイス2店」を香港随一の繁華街 尖沙咀(チムサーチョイ)にオープンする予定であります。
  6. 当社の「2019年6月期」における決算発表は、8月13日(火)を予定しております。

ユニー(株)

  1. 総括:
    6月度は、夏物需要を取り込んだ「衣料品」「住居関連品」が好調だったほか、「食品」も生鮮食品が牽引して3カ月ぶりに前年超えとなるなど、すべてのカテゴリが順調な進捗状況となりました。
  2. 商品別の概況:
    「衣料品」部門は、女性用のアウターやブランドバッグ、実用下着に加え、サンダルや子供用水着など夏物商品が高い伸びを示しました。
    「住居関連品」部門は、扇風機やタオル、収納グッズなどのリビング用品が好調に推移しました。また、期間限定の送料無料サービスが奏効し、産地直送の食品を中心にお中元ギフトが売上を牽引しました。
    「食品」部門は、精肉や鮮魚などの生鮮食品が売上を牽引したほか、パンや和菓子、乳製品などの加工食品も売上増に貢献しました。
  3. 決算期変更:
    ユニー(株)は、決算期を2月から6月に変更しております。(なお、ユニー(株)第8期事業年度は2019年3月1日から2020年6月30日までの16ヵ月間となります。)
  • ※ユニー(株)における月次データは、1日始まり・月末締めの実績です(2018年11月度までは21日始まりの翌月20日締め)。
    既存店の前年比は「曜日調整無し」のデータです(2019年2月度までは、「曜日調整後」の売上高(衣料品、住居関連品、食品)と、「曜日調整無し」の売上高(客数、客単価)を開示)。

UDリテール(株)

  1. ダブルネーム業態転換店(6月度実績):合計2店
  2. ダブルネーム業態転換店(7月度予定):合計3店(以下、業態転換対象店舗)
    ① 7月16日「ピアゴ勝幡店」(愛知県愛西市)
    ② 7月下旬「ピアゴ太田川店」(愛知県東海市)
    ③ 7月下旬「ピアゴ藤岡店」(群馬県藤岡市)
  • ※UDリテール(株)は、2019年2月28日付で㈱パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの100%子会社になりました(ユニー(株)が保有するUDR株式をPPIHが取得)。

(株)ドン・キホーテ、ユニー(株)月次売上高速報詳細版

バックナンバー

(株)ドン・キホーテ

ユニー(株)

※2018年2月期以前は、2019年1月にユニー・ファミリーマートホールディングス(株)からユニー(株)の株式を取得し、同社を連結子会社化した際、ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)から引き継いだ資料を掲載しております。

参考情報