株主・投資家情報

HOME > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 大原孝治 トップメッセージ

大原 孝治 トップメッセージ

代表取締役社長 兼 CEO 大原 孝治

時代を超えて選ばれ続ける
永続性のある企業を目指して

2019年はドン・キホーテ1号店開店から30周年となります。このエポックイヤーである2019年の2月1日、当社は社名を株式会社ドンキホーテホールディングスから「株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)」に変更いたしました。

この社名変更には、ユニーグループを仲間に迎え、国内小売業界売上高第4位になり、さらなる社会インフラとしての役割・責任を果たさなければならないという自覚と、日本のみならず環太平洋地域において、グローバル企業として国際競争力を持った流通を創造していきたいという強い決意が込められています。

私たちの原点である企業原理「顧客最優先主義」に立ち返り、日々移ろうお客さまのニーズに変化対応しながら、店舗ごとのバラエティに富んだ品揃えにより、お客さまの心をつかみ、お買い物を楽しんでいただくこと――この「顧客最優先主義」の実践こそが、人口減少、少子高齢化、競合激化等によりシュリンクする消費市場で選ばれ続けるための最善策であると確信しています。

当社グループ独自のビジネスモデルを次世代に継承し、ステークホルダーの皆さまに末永く支持していただける企業となるべく、さらなる企業価値の向上に努めてまいります。


代表取締役社長 兼 CEO 大原孝治


ページのトップへ戻る